日本初! 自転車にも電動バイクにもなるハイブリッドバイク「GFR-02」とは!?

■自転車にも電動バイクにもなるglafit「GFR-02」とは?

2つの車両区分が適用された理由は“モビチェン”?

手軽でエコな乗り物として最近話題の電動バイクですが、バイクとしても自転車としても使えるハイブリッド電動バイクがあるのはご存知でしょうか? 今回は、見た目は普通の折り畳み自転車なのにEVバイクとして走行出来るglafit株式会社の「GFR-02」をご紹介します。

「GFR-02」にはナンバープレートがついていて法律上原付バイクとされているため、公道を走行する時には原付免許が必要な他、自賠責の加入など原付バイクと同じ法が適用されています。ところがバイクの電源をOFFにして専用カバー(モビチェン)でナンバープレートを隠すと、「GFR-02」は自転車扱いに。

この1つの乗り物に対して道交法上2つの車両区分が適用されたのは国内史上初! 今乗りたい「新しい乗り物」の誕生ですね。

glafit「GFR-02」の性能と仕様をご紹介!

glafit「GFR-02」はガソリンではなく電気で走るEVバイクですので、バッテリーを充電することで走ることが出来ます。

glafit「GFR-02」にはユビロックという名前のついた指紋認証システムがありあらかじめ指紋登録しておくと、指一本で開錠できると同時にメイン電源が起動されます。もちろん折り畳んで車に積めますし、バイクとして走行した後には自転車として駐輪場に停めることもできます。

必ずモビチェンを用いてバイクモードと自転車モードを切り替えてプレートを隠すことを忘れないようにしましょう。自転車にも道交法はあり無暗に歩道走行することはできませんので、道交法を守って上手に使い分けて乗りたいですね。

(文=モビデン編集部)