WALKCARって知ってる? バイクや自転車に代わる世界最小の電動モビリティ

■世界最小の電動モビリティWALKCAR(ウォーカー)

クルマを持ち歩く時代が来た!

自動車や自転車は通勤・通学時に疲れずに素早く移動できて便利ですが、置き場所が限られることが難点。持ち運べるくらい小さかったら良いのに、と思ったことはないでしょうか。実は2021年10月15日に持ち歩けるクルマ「WALKCAR(ウォーカー)」(10km/hモデル)が発売されました。そこで今回は世界最小の電動モビリティ「WALKCAR」について紹介したいと思います。

「WALKCAR」は13inchノートパソコンサイズの大きさのボードに4つのタイヤがついた見た目で、重量2.9kgとコンパクトな設計の電動モビリティです。手持ちやバッグに入れて持ち運べるので、わざわざ駐車場や駐輪場を探す必要はありません。目的地についたらスマートに降りてそのまま屋内に入っていけます。充電にかかる時間は最大で60分程度ですので、ランチや打ち合せをしている間に充電してしまいましょう。

気になる操作方法ですが、前後左右への重心移動を中心に直感的に動かせます。速度モードの変更で4km/h・6km/hに制御できるので、バランス感覚に自信のない人は低速から練習すると良いかもしれません。降りると自動的に止まる点も事故を起こし難くて安心ですよ。

「WALKCAR」は公道を走れる!

今までもコンパクトな電動モビリティは発売されていましたが、日本の法律では公道を走れないことが多くありました。「WALKCAR」はスピードを10km/hまでに抑えることでキックボードなどと同じ扱いになり、歩行者として歩道を走れます。販売価格は217,800円(税込)で、面倒な車両登録や免許の取得、ヘルメット着用の義務もないので購入してからすぐに乗れる点も良いですね。

「WALKCAR」はまだ発売されて間もない公道を走れる電動モビリティです。もしかしたら、自転車や自動車ではなくて「WALKCAR」に乗った人で道が埋まる未来が待っているかもしれません。

(文=モビデン編集部)