家電量販店で買える時代に!? ヨドバシカメラが電動モビリティの取り扱いをスタート!

■ヨドバシカメラが電動モビリティの取り扱いをスタート!

電動モビリティは専門店以外でも購入可能に!

ヨドバシカメラは2021年12月28日からヨドバシカメラ新宿西口本店とヨドバシ・ドット・コムにて、ビークルファンの小型電動モビリティを販売開始。今までは専門店でしか買えなかった電動モビリティですが、ヨドバシカメラでも購入できるようになりました! 家電量販店で取り扱うようになることで、今までよりも電動モビリティを購入する人が増えるのではないでしょうか?

「ヨドバシ.com」公式サイトより

販売されるラインナップをご紹介!

今回ヨドバシカメラで取り扱う商品の1つ「EV-TUK TUK」。両側にドアがない「側車付軽二輪」に登録され、普通自動車免許で運転可能です。3人乗車ができるため、近距離のお買い物や送迎に最適かもしれません。同じく「側車付軽二輪」に登録される「REVERSE TRIKER 3.0」は前輪2+後輪1のバイク型モビリティ。前二輪のスイング機構による優れた路面応答性と電動ならではの鋭い加速と静粛性が特徴で、こちらも普通自動車免許で運転することができます。

三輪の「VF-3」と四輪の「VF-4」も取り扱っており、どちらも「ミニカー」登録で1人乗り。乗用車感覚で使用できるにもかかわらず、車検や車庫証明が不要な点も嬉しいところですね。コンパクトデザインで小回りが効き、航続距離は60km±10kmあります。ゆったりと1人でお買い物やドライブを楽しみたい人には、うってつけなモビリティではないでしょうか。

電動キックボードの進化系「X-TREME EVO」は1人乗りのモビリティです。こちらは原付1種または2種での登録が可能。最高出力2000Wの強力モーターや軽量ボディ、加速力が特徴で、前後サスペンションにより快適な乗り心地も実現しています。航続距離は約40km。普段使いのモビリティとして活躍してくれそうですね!

他にも歩行補助モビリティの「ASSIST WALKER」も取り扱っています。こちらは最高速度6km/hで歩行者扱いのため、公道・歩道の走行が可能。電動折りたたみ機構と軽量設計により自動車・バス・電車などへ持ち込みができ、行動範囲を広げてくれます。

このようにヨドバシカメラでは多様な電動モビリティの取り扱いを始めました。ヨドバシカメラ新宿西口本店では実際に車両の展示もしています 。今まで興味はあってもなかなか手が出せなかった方、これを機に購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

(文=モビデン編集部)