移動に新たな選択肢!? 電動バイクシェアサービス「GOGO! シェア」登場!

■名古屋市に電動バイクシェアサービス登場!

脱炭素社会と地域活性化に貢献する「GOGO! シェア」

近年普及が進み、認知度も高まってきているシェアリングサービス。車や自転車などの移動手段もシェアする時代になってきました。皆さんも街で見かけた経験があるのではないでしょうか。今回は愛知県名古屋市で2021年11月から開始した電動バイクのシェアサービス「GOGO! シェア」についてご紹介します。

「Future株式会社」公式サイトより

「GOGO! シェア」は次世代の移動体および移動サービスの開発、製造、販売を行うFuture株式会社とGOGOシェア株式会社がリリースしたサービスです。電動3輪バイクをシェアすることによって、脱炭素社会の実現と観光やビジネスを通した地域活性化への貢献が期待できるでしょう。またシェアサイクルと同様に、コロナ禍で「密を避けられる移動手段」として利用することもできますね。

「GOGO! シェア」のサービス内容

「GOGO! シェア」は無料のシェアアプリをダウンロードして事前登録をすることによって利用可能で、名古屋市内にある専用ポートからシェア車両をレンタルできます。利用料金は初乗り10分165円で以降5分毎に55円となりますが、使用時間によってはお得に利用できる「3時間プラン」や「6時間プラン」、「ナイトプラン」も存在。利用者は街中を自由に走行し、乗り終わったら元の場所か別の専用ポートに車両を返却します。

シェア車両は道路交通法上の「ミニカー」、道路運送車両法上の「第一種原動機付自転車」に該当するため、普通自動車運転免許無しでは利用できません。また安全のためにヘルメットの着用が推奨されています。安心して乗るために、注意事項をよく読んでから使用しましょう。

名古屋に行った際には「GOGO! シェア」で市内を満喫してみてはいかがでしょうか?

(文=モビデン編集部)