電動キックボードで公道を走ろう! ナンバープレートはどうやって入手する?

■電動キックボードで公道を走ろう!

電動キックボードで公道を走るためにはナンバープレートが必須!

2020年頃から徐々に話題になり、公道でも走ることができると話題の電動キックボード。自転車より気軽に電動で乗れる新たなモビリティとして、日本でも積極的に普及が進められています。

電動キックボードで公道を走るためには「ナンバープレート」が必要です。しかし自動車やバイクのナンバープレートの取得方法ならまだしも、電動キックボードのナンバープレートの取得方法について詳しく知っている方はあまりいないのではないでしょうか? 実際にどのように手続きすればいいか、調べてみました。

販売証明書を持って市役所へ行こう!

実は、0.6kw以下の電動キックボードは原付(原動機付自転車)と同じ扱いになります。そのため、ナンバープレートの取得方法も普通の原動機付自転車と変わりません。必要書類を用意して、市役所に行きましょう。必要書類は以下の3つです。

1 原動機付自転車販売証明書(販売証明書は購入したメーカーや代理店から発行してもらえます)
2 印鑑
3 本人確認書類

ここで「市役所のどこの窓口へ行けばいいのか」という疑問が湧いてくるかもしれません。調べてみると“課税課”や“市民税課”など、市役所によって受付窓口が異なる模様。事前に電話などで「原付の登録をしたいのですが…」と問い合わせをし、どの窓口に行けばいいのか聞いておくといいですよ。

さて、窓口で「軽自動車税申告書兼標識交付申請書」を作成するとその場でナンバープレートを発行してもらえます。同時に「標識交付証明書」という書類も渡されるので、大切に保管しておきましょう。これが車検証の代わりとなります。

思ったより簡単にナンバープレートを交付してもらえることにびっくりした方も多いと思います。電動キックボードを使って、快適で楽しい生活を送りましょう。

(文=岡野こうへい)