ICOMAの「タタメルバイク」は折りたためる電動バイク!? スペックや魅力をご紹介!

■ライフスタイルを新提案する電動バイク「タタメルバイク」は、折りたためて持ち運べる!

ICOMAの「タタメルバイク」とは

机の下に折りたたんで収納できる電動バイク、と聞いて驚くのは私だけではないと思います。収納時は四角いトランクケースのような見た目や、ポータブル電源として利用できる利便性などの特徴を持つ電動バイク。新しいライフスタイルを提案する電動モビリティとして登場したのが、今回ご紹介するICOMAの「タタメルバイク」です。国内最大級のハードウェアコンテストの「GUGEN2021」にて大賞を受賞し、TVにも多数取り上げられている「タタメルバイク」の魅力やスペックを見ていきましょう。

「株式会社ICOMA」公式サイトより

折りたたんだ時のサイズは全長700mm・全高680mm・全幅260mmと、電動バイクとは思えないほどのコンパクトサイズ。エレベーターにも搭乗が可能です。また、小さくても乗り心地が悪くならないよう配慮。フロントに10インチホイールや前方、後方ともにサスペンションを搭載し、段差の衝撃をしっかり吸収するよう設計されています。公道からデコボコ道まで、さまざまなシーンに対応する車体性能も「タタメルバイク」の特徴。さらに3.7V換算で166,000mAhのバッテリーを備えており、外出先や緊急時に電源として利用が可能です。車に載せることができるため、キャンプなどの旅行先でも移動や給電の際などに大活躍してくれるでしょう。

デザインのカスタマイズも楽しい。自分らしく・自分だけの電動バイク

本体側面はライフスタイルに合わせてカスタマイズが可能で、部屋のインテリアや空間に合わせる、好きなキャラクターやブランドのロゴで彩るなど自分なりにアレンジして楽しめます。また液晶パネルをつけたデジタルサイネージやソーラーパネルを採用し、本体の機能面をさらに充実させることも可能。自分のための・自分だけの1台を作れるのも「タタメルバイク」の魅力ではないでしょうか。

電動モビリティの発展を実感する性能や利便性を持つICOMAの「タタメルバイク」。原付一種免許があれば運転できる手軽さも相まって、ファーストマイル・ ラストマイルでの活躍にも期待ができます。「HACK the TOYOTA」で最優秀賞、Dmm. make AKIBA賞をダブル受賞、イタリアの老舗デザインメディアのdesignboomに掲載されるなど世界的に注目を集める電動バイク。現在実際の製品化に向けて動き出しており、今後の展開にも期待ですね。

(文=モビデン編集部)