買ってから後悔しても遅い! 電動バイクを選ぶときのポイントとは!?

■買って後悔する前に! 知っておきたい電動バイクの選び方

選ぶときの比較ポイントから注意点までご紹介!

昨今モビリティのEV化の動きから、年々注目を増している電動バイク。普通のバイクのようなものから折りたたみができるものまで、さまざまな種類が販売されています。いざ電動バイクを購入しようと考えても、どう選べばいいのかいまいちわかりませんよね。従来のガソリンを燃料とするバイクと違い、電動バイクならではの気をつけるポイントもあるので今回はその選び方をご紹介します。

電動バイクと一括りに言っても、値段は様々。多くの電動バイクはおおよそ10万円〜30万円の価格帯に相当しますが、中には数百万円するようなものもあります。同じような価格でも、航続距離や最高速度、デザイン、取り回しの良さなどそれぞれ特徴があるので、予算や用途と照らし合わせて目的に合ったものを選びたいですね。

原付は排気量に応じて必要な免許が変わりますが、電動バイクはワット数で必要な免許が変わるので注意が必要。
0.6kW以下→原付一種
0.6kW超~1.0kW以下→原付二種
1.0kW超~20kW以下→普通二輪
このように必要な免許が変わるため、購入前にはしっかり確認しておきましょう。

航続距離は30km~40km程が多いよう。普段使いで毎回充電するのであればこのくらいでも十分と言えるのではないでしょうか。気になるバッテリーの充電時間は約3~6時間のものが多く、こちらも用途に合わせて選びたいところ。航続距離や充電時間は快適性に直結するため、吟味して選びたいですね。

ガソリンで走るバイクは出先で燃料がなくなったら補給という使い方ですが、電動バイクは基本的に自宅で充電して帰宅後また充電という使い方になると思います。そのため電動バイクの置き場所には注意が必要。充電が必要なため自宅に充電ができる駐輪スペースがあれば問題ないですが、マンションなどの集合住宅では確保が難しいですよね。スペースが確保できない場合は、バッテリーの取り外しが可能なものがおススメです。購入してから充電どうしようと嘆くことのないように、置き場所はきちんと購入前に確認しておきましょう。

この先さらに増えていくことが予想される電動バイク。ご購入の際は今回ご紹介した注意点なども踏まえて、選んでみてください。自分の目的やライフスタイルに合ったバイクに出会えるといいですね!

(文=岡野こうへい)