バイクと車のいいとこどり! 電動三輪車「REVERSE TRIKER」を紹介

■バイクみたい!? 電動三輪車REVERSE TRIKERは自動車免許で運転できる!

普通自動車免許で運転可能!

バイクに乗りたいけれど、普通自動車免許しかもっていない。そんな方にぴったりなのが、ビッグバイク以上の爽快感を普通免許で体感できる電動三輪車「REVERSE TRIKER 3.0(リバーストライカー3.0)」です。

「EV-LAND」販売ページより

トライクとは3輪で走行する自動車のうち、ドアがなく車体にまたがるなどバイクの特徴を踏襲して開発された乗り物のこと。その中でリバーストライクと呼ばれるものは前輪が2つ、後輪が1つという構造のものを指します。

リバーストライカーは側車付二輪車登録の電動三輪車で、普通自動車免許以上の免許があればOK。安全のためヘルメットの装用が推奨されていますが、装用義務はありません。車検と車庫証明が不要なうえに、自動車取得税もかからないのがメリットです。最高速度は85km/h、航続距離は70㎞程度で、二人乗りや高速道路での走行も可能。使用しているリチウムイオンバッテリーは、家庭用100Vコンセントから充電できますよ。

圧倒的なスピード感と安定感

リバーストライカーは、最大出力3000Wの高出力モーターにより圧巻の走りを実現。ここ一番の加速が欲しい時に10秒間だけ大電流を流せるスクランブル機能を搭載し、ボタンを押すと強力な加速を得ることも可能です。車体を左右に傾けるスイング機構により、路面追従性や路面応答性がより向上しているそう。また、ディスクブレーキのため制動時の安定性と制動力は抜群。大画面のデジタルメーターや明るいLEDヘッドライト、USBポートなど装備も充実しています。

バイクの爽快感と車の安定感を味わえるリバーストライカー。なんといっても普通自動車免許で運転できるのは大きな魅力ですね。新しい移動手段として視野に入れてみてはいかがでしょうか。

(文=モビデン編集部)