電動キックボードで観光ができる? 松本駅前で始まったレンタルサービスの内容とは

■長野観光も電動キックボードで! 松本駅前でレンタルサービス開始

松本駅前で電動キックボードのレンタル開始

松本市の松本駅前で、2022年2月7日から電動キックボードのレンタルが開始されました。自動車販売業などを展開している株式会社サンオータス(横浜市)とJR東日本レンタリース株式会社が、地域活性化と観光振興を目的に連携。第一弾として松本駅前にて始まったサービスです。

「株式会社サンオータス」公式サイトより

サンオータスとJR東日本レンタリースはもともと横浜や町田、藤沢で駅レンタカー業務を行っており、今回新たに電動キックボードの設置を始めました。第一弾となる松本営業所の周辺は、松本城を中心に歴史的な街並みや上高地などの自然も感じられる有名な観光エリア。旅先で手軽に電動キックボードに乗って、観光スポットを巡ることができます。

電動キックボードレンタルのサービス内容

電動キックボードは駅レンタカー松本営業所にて3台設置されており、料金は30分毎300円。利用するには専用アプリ「Segway Pass」への登録が必要です。カウンターで受付を行い、電動キックボードのハンドルバーにあるQRコードをアプリで読み込んでロックを解除。返却もアプリで行うことが可能で、利用時間から料金が算出されて登録したクレジットカードで決済されます。

松本城や旧開智学校などの観光エリアが走行でき、安全に走行できるように走行可能範囲から外れると自動的に電源が切れます。走行可能範囲に戻ると、再び電源が入る仕組みに。また電動キックボードは第一種原動機付自転車扱いとなるため、運転免許証(原付1種)の提示が必須です。ヘルメットの貸出もあり、任意保険も加入済み。道路交通法を守って安全に走行しましょう。

今後も松本市内や近郊にパーキングステーションを増やして、広域観光を強化していくとのこと。電動キックボードで周れるスポットが増えるのは楽しみですね。松本に行った際は、電動キックボードでいつもと違う観光を楽しんでみてはいかがでしょうか。

(文=モビデン編集部)