国内初! 折りたたみ電動バイクのシェアリングサービス「Shaero(シェアロ)」をご紹介

■折りたたみ電動バイクのレンタルサービス「Shaero」とは

「Shaero(シェアロ)」ってどんなサービス?

環境にも人にも優しいことで、電気自動車とともに注目される電動バイクに新たなサービスが誕生しました。それが国内初となる折りたたみ電動バイクのシェアリングサービス「Shaero(シェアロ)」です。軽量のため女性でも扱いやすいのもポイント。誰でも簡単に操作可能、気軽に乗れて気軽に返せるそのサービスの魅力に迫ります。

都市部で頻繁に行われる3~5kmの中距離移動。その距離を移動するのに適しているのが「Shaero」のようなサービスです。「Shaero」の電動バイクは折りたたみ式でコンパクトになるため、一時的にその場に停めておくことが可能。さらに建物内に持ち込めば、停める場所にも困りません。さまざまなライフスタイルに合わせて、移動手段の選択肢が広がるのも魅力的ですね。

気になる利用方法や料金は?

「Shaero」は専用アプリをダウンロードし、無料の会員登録をするだけで簡単に利用できます。まずはアプリで貸出できるバイクを検索し予約。200円/15分で利用ができ、2,000円/24時間や20,000円/30日といった乗り放題プランもあります。返却は目的地周辺の返却可能ステーションを予約し、バイクを戻すだけでOK。起動の方法や折りたたみ方法、充電方法までアプリで全て完結します。シンプルな使い勝手のよさを感じられるサービスではないでしょうか。

「Shaero」の電動バイクは電気代約10円分のエネルギーで30kmの走行が可能。また照明やスマホへの給電も行えるため、災害時に非常電源としても利用できるスグレモノです。原動機付自転車の運転免許証があれば運転できる手軽さもうれしいですね。SDGsに配慮した都市部ラストワンマイルの移動手段として期待される「Shaero」のサービスを、ぜひ体感してみてはいかがでしょうか?

(文=モビデン編集部)