大きなバッテリーよさらば! スタイリッシュな電動アシスト自転車「WELB」

■スタイリッシュすぎる電動アシスト自転車

「WELB」は新しいライフスタイルにピッタリ

電動アシスト自転車と聞くと、大きなバッテリーがペダルの周辺に装着されているイメージ。坂道でも力を入れずにスイスイ進めて便利ですが、見た目はあまりスマートとは言えません。しかし最近はデザインに力を入れている電動アシスト自転車も存在します。そこで今回はスタイリッシュな形状の電動アシスト自転車「WELB」の詳細を確認してみましょう。

「WELB」を開発したのは電動自転車の開発・販売やメンテナンスを行うアベントゥーライフ株式会社です。従来は外に露出していたバッテリーを自転車フレームに内臓したことで、スタイリッシュな見た目を実現。本体重量も16.8kgと従来と比べて大きく軽量化されています。2021年のグッドデザイン賞も受賞し、新しい電動アシスト自転車のデザインとして高く評価されていますね。

パーツをカスタマイズすることで、自分のライフスタイルに合わせた製品を購入できるのも利点。通勤・通学や買い物など、毎日の生活が楽しくなること間違いなしです。

スマートフォンとの連携でさらに便利に

「WELB」のもう一つの特徴はIoTを活用したコネクティッドバイクであること。指紋認証によるスマートロック機能でキーレスを実現しています。またアプリを使ってスマートフォンと連動すると、コンパスや消費カロリーの視覚化など通常の自転車の枠を超えた体験が可能。アプリを通して鍵のシェアもできるので、親しい友人にも気軽に貸し借りできますよ。

「WELB」は2022年4月頃より予約販売を開始予定。気になる人は試乗体験ができる「WELB 西日暮里base」や「b8ta Tokyo-Yurakucho」にも足を運んでみてはいかがでしょうか。

(文=モビデン編集部)