「MaaS」は電動モビリティやシェアサイクルも含まれる? 定義やサービスをご紹介!

■公共交通機関やそれ以外の移動サービスをトータルサポートする「MaaS」

「MaaS」の意味やサービスは?

最近はWebサイトやテレビでも見かけることが増えてきた「MaaS」ですが、「どんな意味?」「何かの略語?」「どんなサービスのこと?」と疑問を抱く人も多いのではないでしょうか?

今回は「MaaS」に関する概念やサービスの内容、既存アプリなどに触れながら解説。また最近話題の電動モビリティやシェアサイクルが含まれているかどうかも、あわせて紹介していきます。

「MaaS(マース)」は「Mobility as a Service」の略語。複数の公共交通機関やそれ以外の移動サービスを一括で検索・予約・決済を行うトータルサービスの総称で、地域や観光地における移動の利便性向上など課題解決の手段として近年注目されています。移動手段の中には電動キックボードやシェアサイクルも含まれており、アプリで利用できるサービスが多いのも特徴。その利便性から様々なシーンでの活用が期待されています。

続々と開発されている「MaaS」のアプリとそのサービス概要

具体的にどのようなアプリやサービスがあるか見てみましょう。

「my route」はトヨタ自動車が提供するMaaSアプリ。対象エリアの移動手段を全て組み合わせて、すぐに最適なルートや料金が確認できます。また予約や支払いもアプリ1つでOK。移動中も近くの観光地やお店を紹介してくれるなど、便利な機能が充実しています。

次にご紹介するのは、小田急電鉄が提供する「EMot」。EMotの複合経路検索機能では、様々な移動手段を組み合わせた経路検索や予約決済ができます。また保有している定期券や購入した電子チケットを考慮した経路を検索してくれるのも特徴。さらに周遊フリーパスや飲食の電子チケットを購入したり、ショッピングに応じて特典チケットがもらえたりとサービスが充実しているのも魅力です。

その他にもJR西日本やWILLERといった多種多様な企業でアプリが開発されており、各社のサービスの違いや今後の動向にも注目したい分野ですね。

MaaSなどの新たなモビリティサービスの活用により、経済活動の循環や地域が抱える課題の解決に国土交通省も前向きに取り組んでいます。新しい生活様式やSDGsへの対応が取り沙汰される昨今、MaaSは今後益々の需要が見込まれるのではないでしょうか。お住まいの地域や旅行先でMaaSアプリを活用できるかチェックしてみると、意外な発見があって面白いかもしれませんね。

(文=モビデン編集部)