クラウドファンティング「Makuake」で大反響! 自動折り畳み機能搭載の次世代電動バイク「SHiNOBi」とは

■これぞ未来の電動モビリティ! 機能満載の「SHiNOBi」とは

クラウドファンティングにて応援金額1,000万円の大反響!

Blue Ocean Tradingは、次世代電動バイク「SHiNOBi」の先行販売を2021年12月17日から3月16日までの期間にクラウドファンティングの「Makuake」にて実施。応援金額が1,000万円を超える大反響となりました。

「SHiNOBi」の特徴は、ボタンやリモコン操作で開閉ができる「自動折り畳み機能」が搭載されていること。手や服を汚さずにすみ、収納も簡単。折り畳んだ状態で後輪を転がしながら持ち運びできます。普段使いや車に積んでの旅行など、色々なシーンで活躍すること間違いありません。

バッテリーは高性能大容量のものを採用し、1回の充電で最大45㎞の走行が可能に。着脱型のため、バッテリーだけ持ち帰って家で充電することもできます。重さは約2.5㎏のコンパクトサイズのため、持ち運びもしやすいでしょう。

高音質Bluetoothスピーカーが搭載されているため、スマホと連携して目的地までの音声アシストも可能。もちろん音楽を再生して楽しむこともできます。さらにUSB充電対応のため、スマホの電池残量を気にする必要はありません。

嬉しい機能が満載の「SHiNOBi」今後の展開は?

「SHiNOBi」はほかにも様々な機能があります。一定のスピードを維持できるクルーズコントロール機能では、維持したいスピードを6秒以上保つことで自動的に機能が作動。アクセル操作をせずに走行ができます。

走行モードは低速・中速・高速の3つのモードに変更可能。狭い路地や交通量が多い場所、スピードが出しやすい道といった状況に応じて変更できます。

「SHiNOBi」はめざましテレビの『最新トレンドを紹介するイマドキ!』にて紹介され、ジャニーズの山田涼介さんや伊野尾慧さんが試乗していました。また2022年2月14日~2月17日に開催されたICCサミット福岡2022でも試乗会を実施しています。

クラウドファンティングでの販売は終了しましたが、今後は全国の代理店やECモールなどで一般販売を予定しているとのこと。お店で「SHiNOBi」を見られる日が楽しみですね。

(文=モビデン編集部)