最高速度20km以下は免許不要! 電動キックボードを手軽に使える新ルール

■免許不要の新ルール? 電動キックボードについての改正案が閣議決定

電動キックボードを気軽に使える存在に!

2022年3月4日に電動キックボードに関する道路交通法の改正案が閣議決定されました。改正案によると電動キックボードは「特定小型原動機付自転車」という車両区分に含まれるようになり、年齢制限はあるものの免許なしで行動走行が可能とのこと。電動キックボードがより手軽な移動手段として、私たちの生活で活躍してくれるかもしれません。

「特定小型原動機付自転車」の定義は最高速度20km/h以下で長さ190cm幅60cm内に収まる車体であること。「特定小型原動機付自転車」の運転には免許不要でヘルメットの着用も努力義務となっています。ただし、16歳以上という「原動機付自転車」と同じ年齢制限があるので注意してください。最高速度30km/h以下の場合はこれまで通り「原動機付自転車」となり免許が必要です。

コロナ禍の密を避けられる点やシェアリングサービスなどで注目を集める電動キックボードですが、免許不要になれば手軽な移動手段として更なる普及が見込めそう。小回りがきいて徒歩よりも速く疲れない電動キックボードは特に観光地での移動手段として活躍してくれるのではないでしょうか。更なる電動キックボードの可能性に期待が高まりますね。

電動キックボードの普及に一役買ってくれそうな改正案ですが、現時点では閣議決定の段階にあります。改正案が今国会で成立したら2024年頃に適用される見通しだそう。そのため「今すぐ免許不要で電動キックボードを運転できるようになる」ということではないので注意してください。

電動キックボードを気軽に使えるようになる今回の改正案ですが、成立したら電動モビリティ業界に更なる発展が期待できそうです。日本でも電動モビリティ普及の準備は着実に進んでいますね。

(文=モビデン編集部)